プロミスは初心者でも使いやすい

お金を借りる、特に消費者金融を利用するとなると、初めての方では不安な部分も大きいものです。借りても大丈夫か、利息は高くならないのかなど心配な点は尽きないものですが、プロミスであれば大手の消費者金融であるため、安心して借りられると言えます。

 

申し込みも契約も店舗や契約機まで行かず、郵送も不要で来店せずに進められます。アルバイトの学生の方でも、パートの主婦の方でも、年齢の条件を満たす本人に安定継続する収入があれば利用が可能となりますので、プロミスであれば多くの方が利用対象となるのも良い点です。

 

 

プロミスなら初回30日間無利息で借りれる

プロミスはカードローンの大手として有名です。しかし借りたはいいけど、カードローンというのは返す時に利子がついてきますので、借りた金額よりも多く返さなければならないのが普通です。

 

それがあたりまえなのですが、プロミスの場合、初回なら30日間無利息というサービスを提供しているので、過去にプロミスを使ったことがなければこのサービスを有効活用することで利息ゼロでお金を借りることが可能になるのです。

 

無利息でお金を借りるためには、いくつか条件がありますので紹介しておきます。

 

・プロミスをはじめて利用する人
・契約時にEメールアドレスを登録すること
・Web明細を利用すること

 

この3点です。インターネット環境のある方なら、さほど難しくない条件を満たすことで、30日間無利息サービスを利用することができます。

 

無利息となる期間は初回の出金の翌日から30日間です。この期間内であれば、初回の出金からさらに追加で出金しても、追加分についても無利息の扱いになります。

 

たとえば、初回に5万円出金し、その1週間後に急きょ友人の結婚式に呼ばれてさらに5万円を出金しても、合計10万円が無利息の扱いになり、初回出金の翌日から30日以内に返済すれば一切の利息はかからないということになります。

 

30日間もあればほとんどの人は給料日が来ますから、無利息返済の計画は簡単に立てられます。それでも返済計画の立て方が分からないのであれば、店舗に相談に行ってみるのも良いでしょう。プロミスの店舗はそこまで多くはありませんが、東京都内だけでなく福岡市中央区にも店舗の設置があるので安心です。

 

借りる前にデメリットも知っておく

最近、消費者金融会社のCMをよく見かけるようになり、非常に借りやすい印象を持たれる方が増えています。そのためリスクを考えずに借り入れしてしまう人が増えている現状です。なのでここからプロミスを含め消費者金融のデメリットを紹介します。

 

プロミスを利用すると信用情報機関(個人の信用度をローン会社やクレジット会社へ提供する)に記録が一定期間残ってしまいます。返済の遅延や未納をすると記録が残っている期間がさらに長くなります。返済を計画通り行っていれば問題ありませんが、もし問題を抱えていると住宅ローンや自動車ローン、クレジットの申請などが通らないことがあります。

 

次にプロミスは金利が他の消費者金融のなかでも低いと言われています。しかし銀行のカードローンと比べるとかなり高くなっています。プロミスの金利は4.5~17.8%ですが、銀行の最大金利は14%台のものが多いようです。そして借りられる限度額が銀行よりも少ない傾向にあるようです。プロミスは500万円ですが、銀行の限度額は会社によって異なりますが1000万円のところが多いようです。

 

最後に消費者金融会社のプロミスは、申請者の年収の1/3までの金額しか借り入れできないという法律である総量規制の対象になるため、自分の年収に借り入れの限度額が左右されてしまいます。

 

銀行であれば審査の結果次第で大きな枠で借りられる可能性があり、まとまった金額を必要とする場合には頼れます。しかし、銀行は借りるまでの審査基準が厳しい、時間がかかるなどのデメリットもあるのです。

 

審査や融資の早さをある程度は保ちながら、低金利で高限度額で借りるならオリックス銀行審査も選択肢には入りますので、借り入れ先の一つとして考えておくと良いでしょう。